ローヤルゼリーの自律神経正常化作用

スポンサードリンク

ローヤルゼリーは脳の中の、「間脳」に強く働きかけることが確かめられています。

間脳は体中に張り巡らされている自律神経の司令塔のような役割を持ってる部分で、大脳皮質にすっぼりと覆われるように脳の中心部に存在します。間脳は大脳皮質の一部と連携して、もっとも基本的で最も重要な「生命を維持する」という働きを持っています。


間脳

脳各部の名称 間脳は、視床と視床下部とに分けられます。
視床は体の各部位から送られてくる情報を大脳へ伝える役割をしています。例えば、ものがよく見えないなど視覚的な情報は、視床を経て大脳へと送られるわけです。
一方視床下部は、自律神経の総合中枢といった働きをする部分です。例えば、「体温を調節する」「食欲を調整する」「性欲を調整する」あるいは「ホルモン分泌の調整をする」など、人間が持つもっとも本能的な部分に属する体の機能に指令を送る部分で、自律神経を伝わって全身に情報を送っています。

まとめると、間脳は、体にさまざまな情報を送り、体からさまざまな情報を受け取って、生命が正常な機能を営むのに最低限必要なことを、すべてコントロールしている重要な役割を担っているところなのです。

間脳から続いて延髄、脊髄が下方に伸びていますが、ここは直接生命維持にかかわる呼吸運動、血管運動、心臓などの中枢です。燕下、嘔吐、唾液分泌、発汗などの中枢もここにあります。
間脳の視床下部に隣接して下垂体があります。下垂体は前葉と後菓に分かれていて、ひと言でいうなら、ホルモン分泌を調整しているところです。視床下部と下垂体は連携して働き、視床下部からホルモンを分泌するようにという指令を受けて、ホルモンを分泌します。つまり、ホルモン分泌を司る下垂体は、間脳によってコントロールされているということになります。

自立神経

自律神経は自分の意志では動かせない神経です。
立ち上がるという行為は、大脳から送られてくる指令によって動く神経で、これは自律神経とは別のものです。自分の意志で動かすことのできる神経(随意神経)が大脳からの指令を受けた結果、立ち上がるという行為に現れたということになります。
自律神経はいわば、「身体が正常に機能するために、命令しなくても体が勝手に働いてくれる神経である」といえます。髪の毛が伸びるのも、爪が伸びるのも、汗をかくのも、お腹がすいて食欲が湧くのも、自分の意志でそうしているのではなく、すべて自律神経がそれらの機能をうまくコントロールしているのです。

交感神経と副交感神経

この自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。それぞれ反対の働きを持ってる両者ですが、自律神経を正常に機能するために、お互いを補完しながら働いています。

交感神経は「積極的に働く神経」です。興奮したときに働いている神経だともいえそうです。
例えば、けんかをするときには、交感神経は戦闘態勢に入ります。筋肉に急いで酸素を送り込むために、心臓の収縮が盛んに行われ脈拍数が増加します。血管が収縮しますから血圧が上がります。気管を広げて呼吸をしやすくすると同時に、筋肉は送り込まれてくる血液を受け入れるために血管を広げます。筋肉は全開、糖の代謝も高まります。肝臓は蓄えていた糖を放出してエネルギーを作り出し戦闘態勢を整えるわけです。

副交感神経は交感神経とは逆で、「抑制的に働く神経」です。寝ているときに働いている神経といえます。寝ているときは呼吸も、心臓もゆっくりと活動しています。この動きを促しているのが副交感神経なのです。

間脳に効果的に作用するローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、この生命維持に必要不可欠な働きを司っている間脳に作用することが解明されています。ローヤルゼリーには間脳の老化を防止する効力、もっといえば、若返りの効力が認められたのです。
ローヤルゼリーには、バランスよくさまざまな成分が配合されています。アミノ酸は、脳の新陳代謝に欠かすことができませんし、さらにホルモン分泌にも重要な働きをしています。脳と神経の代謝に欠かせないものといわれているビタミンB群も豊富に含まれています。そのなかでも、大量に含まれているのがアセチ〜コリンという物質です。この物質は神経伝達物質で、自律神経系に大きく関与しているといわれています。

ミツバチ ローヤルゼリーのどの成分がどのように間脳に働いたのかは、まだ完全に突き止められたわけではありません。しかし、肝心なのは実際に自律神経失調症にローヤルゼリーが効果を発揮しているという事実ではないでしょうか。
人間の体は大変複雑で精巧にできています。その体の隅々にまで影響を及ぼしている自律神経の異常はとんでもない大病のはじまりである場合もないとはいいきれません。そうならないためにも、「ローヤルゼリーが自律神経の司令塔である間脳に有効に作用する」という現実を素直に利用することが健康維持に最も役立つのではないでしょうか。

スポンサードリンク